So-net無料ブログ作成
検索選択

犬の帰国 From 米国 [ハーブ渡航準備]


犬と米国から日本への帰国について

のんびりとまとめようかと思いましたが
だんだん記憶も薄れそうだし(!)
誰かのお役に立つかもしれないし

うちが直面した
思いがけない事態についてだけ
書いておきたいと思います。
(長くてつまんないです)


*********************
日本の検疫所から指定された
届出と書類関係については省きます。
(それはみんなやってると思うので)

思いがけない事態。

その① 獣医のUSDA認定資格が途中で切れていた。

USDA認定医であることを初めに確認したのですが
帰国の前年で切れていた・・・
先生そのこと一切知らず。
更新が必要なんですね、この認定医資格は。
なので、認定医であることは
獣医師本人に聞くよりUSDAに聞くべき。
そして聞くときは
それがいつ期限が切れるか聞くこと。

更新は明日あさってに
できるものではないっぽい。

なのでうちは、同じ病院の違う医師で
USDA認定医で期限切れではない方がいたので
その方に出発前健康診断をして頂きました。

その② APHIS FORM7001

航空会社によって出発時
必要とするとこ、しないところがある
ぐらいの認識で一応用意しよう、ぐらいに
思っていたのですが、日本の検疫にも
オリジナルを提出したので結局は
必要なんじゃないかと・・・
(マストなのかどうかは未確認)

この書類、検疫所とのやり取りでも
出てこなかったので、忘れがち。
動物病院で用意してくれます。

が、名前スペルミスされてた。。。( ゚Д゚)

USDAに裏書をもらいに行く寸前に気がつくという失態。

他の書類は、目を皿のようにして何回も
確認していたのだけど
これは、必要かどうかよく分からないし、
ウィークだったんですね(つめが甘い・・・)

USDAでは、問題ない、成田検疫もOKとのことだったので
良かったけど、心臓に悪かった。悪すぎた。


そんなピンチがあったんです・・・

でも成田検疫のみなさまは
相変わらず仕事きっちりの出来る方々なので
相当やり取りをしましたが
毎度、丁寧にお答え頂きました。

本当にすごい、日本の検疫所。

心から感謝いたしております。


あとLAのUSDAオフィスは
222 Kansas St
El Segundo, CA90245
電話310-955-3311
です。(2015.7の時点)

朝7:30am~11:00amという変わった
オープン時間です。早いんだよね・・・
平日のみ。

入ったら番号札を取って待ちます。
裏書代も最後に払います。


以上の全ての情報・場所・時間などは
ご自分で必ず確認をお願いします。
特になにかあっても
一切責任は負いません。


みなさんのかわいい家族も
共に元気に帰国できますように。



共通テーマ:ペット